あなたに寄り添う、かかりつけ医のような問診アプリ

医療機関で一般的に用いられている紙の問診票、あるいは最近見かけられるようになったタブレットの問診票は、ごく基本的な情報しか集めることができません。

一般的な紙の問診票

しかし、本来問診は、患者1人ひとりで問診すべき項目が異なります。症状が同じであっても、患者の答えによっては、次に尋ねるべき項目が変化するのですが、従来の一般的な問診では、定形フォーマットに記入できる範囲のことしか、書き込むことができませんでした。

そのため、患者であるあなたは、診察室で改めて症状を訴えなければなりません。診察の多くの時間は、医師が問診を一からやり直し、カルテに記載(入力)することに使われます。

『問診ナビ®』は、ベテラン総合診療医の脳内をシミュレートした臨床推論アルゴリズムを搭載。 あなたの症状にあわせて、「次に答えるべき質問」を自動的に表示します。

問診ナビ®を使い画面の指示に従ってタッチするだけで、医師が臨床判断するために役立つ病歴情報を、あなた自身が伝えられるようになります。

臨床推論アルゴリズム

コメントを残す