クラウド問診ツール『問診ナビ®』の一般患者向けデモバージョンを公開しました

オンラインコミュニティサービスの開発・運営を手がける、株式会社エイプリル・データ・デザインズ (本社:東京都世田谷区。代表取締役:濱田功志。以下、エイプリル)は、クラウド問診ツール「問診ナビ®」の一般患者向けデモバージョンを公開することをお知らせします。

続きを読む →

『問診ナビ®』に収録されている主訴一覧(2020年4月現在)

  『問診ナビ®』に搭載している『臨床推論アルゴリズム』は、筑波大学総合診療科の前野哲博教授(同附属病院副院長、日本プライマリケア連合学会副理事長)の協力・監修を受けており、総合診療における鑑別診断の知見が注ぎ込まれています。
 2020年4月現在の『問診ナビ®』では、成人向け総合診療科24症候、介護分野向け3症候、小児科向け9症候の問診が収録されており、それらには全て「臨床推論アルゴリズム」が搭載されています。

続きを読む →

『問診ナビ®』は陰性情報も聴取できます

 症状のアセスメントには、「○○がある」という陽性情報だけでなく、「○○はなかった」という陰性情報も重要です。『問診ナビ®』を患者もしくは患者の家族、あるいは看護士や薬剤師など医師以外の医療従事者が使うことで、多忙な医師に対して要点を押さえた情報伝達ができます。

続きを読む →